+BLSくまもとについて

1.BLSくまもとが目指す 医療現場の適材適『処』

命をつなぐ最前線というべき日本の医療現場において、標準化されたBLSトレーニングが確立されたのは2003年頃。

それまで、患者に急変が起こると優先順位や、薬剤の判断、治療手順等は担当医師によって異なってきました。

しかし、BLSトレーニングが確立されたと言っても、取り入れられているのは救急センターや総合病院といった大規模な医療施設が中心で、中小規模の病院や、入院施設のないクリニックの中には、患者の急変時には救急車を呼ぶとマニュアルづけられているところもあり、ほとんどトレーニングが行われていないというのが現状です。

医療の現場に携わる資格を取得しても、プロになってからのトレーニングの機会に恵まれない環境下におかれるスタッフでは、患者の急変時に医師がどれだけ的確な指示を出しても、出せる力には限界があるのです。

世界に目を向けると、国際蘇生法連絡委員会の勧告を中心に、標準化された科学的エビデンスに基づいたBLSトレーニングが存在し、特にアメリカでは医療従事者はプロのスキル維持として2年おきに更新しないと職務につくことができません。

患者の急変は、医療施設の大小に関わらず起こりうるものです。

院内トレーニングの機会を持つことで、予測不能な急変に対応できるスキルを身に付けることにより、プロとしての自身、さらには院内のチーム力アップにつながると考えます。

BLSくまもとは、一人でも多くの命と心をつなぐ人材(適材)に対し、トレーニングを実施し、命の急変時に対応出来る、しかるべき処置(適『処』)を施すことが出来る医療スタッフを数多く生み出す事業を展開します。

2.BLS くまもとが願う 守りたい未来につながる命

子どもたちの笑顔があふれる保育園・幼稚園・小学校等の教育機関に目を向けますと、「子どもたちを安全に」と掲げてはいるものの、子どもたちの命に関わる緊急事態を想定して、日々トレーニングに励んでいる園や学校から1年に1時間程度の講習で終わるところまで、様々です。

救急蘇生法の指針2010(JRC蘇生ガイドラインに基づいて改訂)では、小さな子どもに接する機会の多い職種(保育士・幼稚園教諭・学校教諭など)や保護者に関しては、子どもに最適化した心肺蘇生法を習得することが望ましい、とされています。

しかしながら、導入されている園や学校はごく少数に留まっています。 悲しいことですが、「子どもが、園(校)内で、何らかの原因で亡くなったとしたら」と考えた時。めったに起こらないこと、急に起こったこと、予想できなかったこと。

最終的には「仕方がないことだ」と、悲しい予測をタブー視することにBLS くまもとは警鐘を鳴らし、子どもの命を助けることが出来なかった責任ではなく、助けが必要な子どもの命が目の前にあるとき、着手できるチーム作りが必要と考えます。子どもたちに接するプロに対して、標準化された講習展開とシミュレーショントレーニングの機会を提供し、現状の課題を解決していきたいと考えます。

3.BLSくまもとが求める 指導者のレベルアップ

BLS・FAの普及活動に携わるインストラクター(指導者)は、スキルの維持と向上、また最新情報をアップデートすることが不可欠です。

BLSくまもとは、指導者が自ら学び続ける構造を作り出すことで、受講者側のニーズに沿う講習が展開でき、トレーニングの必要性と継続性が定着すると考えます。

組織に関係なく、横のつながりを持ちながら、プロとして学び続けることが出来る指導力アップのステージを作ります。

4.BLSくまもとが取り組む チャレンジ事業~夢~

BLSくまもとは、大人だけではなく、未来を担う子どもたちにもよりBLSを身近に感じてもらいたいと考え、学校内BLS授業を普及させるチャレンジに取り組みます。

もちろん、学習指導要綱を元に、教育委員会・各学校・行政・消防と連携を図り進めていくことが最重要となりますので、これはチャレンジ事業とし、他の事業と並行に、実現に向けての目標を持ち、夢をあきらめず、BLSくまもとは活動してまいります。

子どもたちが、命に対する関心を持ち、命を救う方法の経験の第一歩として、小学校高学年に対しアニメを使ったDVDによる45分間の体験型・視聴覚型講習(PUSHコース)を勧めていく予定です。

また、各インストラクターが母校で講習するReturn・to・Schoolキャンペーンと題し、実現に向けて計画中です。

スタッフ紹介

岩永 留美

代表:岩永 留美

経歴
看護師
日本医療教授システム学会ITCインストラクター
AHA-BLS コースディレクター
MFA(メディックファーストエイド®)instructor
上村 若子

スタッフ:上村 若子

経歴
看護師
日本医療教授システム学会ITCインストラクター(AHA-BLS)
MFA(メディックファーストエイド®)instructor
佐藤 理香

スタッフ:佐藤 理香

経歴
AHA-BLSヘルスケアプロバイダー
MFA(メディックファーストエイド®)プロバイダー
▲