+エピペン®&小児BLS講習

現在募集中の
プログラム
  • 現在、募集中のプログラムはありません。

命を落とすこともある重症アレルギー反応の応急処置に使用するエピペン®(アドレナリン自動注射器)の取り扱いを学ぶオリジナルのセミナーです。

近年、小学校や保育園での深刻なアレルギー接触事故報道が目立っています。そこで、先生方には心肺蘇生法だけではなく、アレルギーの基礎知識と、エピペン®注射の訓練が求められる時代になってきました。

必要な研修は学校単位や、地域単位で行われていますが、どうしても大人数での集合研修となるため、エピペン®注射に不安を感じる先生方は少なくないようです。

そんな先生方の不安を少しでも払拭していただくために、BLSくまもとでは、少人数でじっくり学べるエピペン®研修を開催しています。

子どもに注射をするということ

BLS熊本では九州でエピペン講習を出張開催していますエピペン®の使い方そのものは、決して難しいものではありません。しかし注射をする相手は子どもです。

子どもに注射をするといったら、普通はどんな反応を示すでしょうか? 練習のようにじっとしていてくれるとは限りません。またどのような姿勢(座ってる? 倒れている?)でいるかもわかりません。

怖がって嫌がる子どもに対して、エピペン®注射をしなければならないかもしれません。

BLSくまもとでは、エピペン®注射に対する子どもの反応を想定したシミュレーション・トレーニングを取り入れることで、少しでも実際の現場をイメージしてもらい、「想定外」の事態を少しでも減らし、「想定内」に変えていくお手伝いをしていきます。

エピペン®注射をしたら終わりではない

エピペン®注射をしたら、子どもにどのような変化が現れるかご存知でしょうか? 呼吸困難や低血圧などの命に関わるアレルギー症状の緩和を期待して注射をするわけですが、ときとして望んでいない事態に発展する場合もありえます。

注射のあとにどのような点に注意して観察を続けるか、またどのように救急隊に引き継ぐポイント、保護者への連絡体制、まわりの児童や子どもたちへの対応など、注射行為以外にも考えなくてはいけない問題がたくさんあります。

BLSくまもとのエピペン®講習では、エピペン®の取り扱い法だけではなく、幅広く周辺事情を取り上げて、明日からの使える知識・技術、また学校や保育園としての救急対応システムのヒントになるようなプログラムを展開しています。

出張講習 -小児一次救命処置(PBLS)と併せて

BLSくまもとでは、小学校や保育所などへの出張講習を積極的に行っています。エピペン講習自体は、1-2時間程度ですが、時間が許せば、心肺蘇生法講習と併せて行うことを提唱しています。(トータルで3-4時間程度となります)

エピペン®注射をしても、なんらかの事情で心肺停止状態に陥ってしまう可能性はいつでもついて回ります。救護にあたる人は心肺蘇生法が必要な状況を常に想定しておくべきです。

必要に応じ、小児マネキンを用いた人工呼吸の重要さにフォーカスした子どもの救命法、日本版JRC蘇生ガイドラインで学校教職員や子どもの保護者に習得が勧告されている小児一次救命処置(PBLS)のトレーニングも含め、4時間程度のプログラムとして提供していきます。

現在募集中の
プログラム
  • 現在、募集中のプログラムはありません。
▲