+AHA-BLSヘルスケアプロバイダーコース

BLSくまもとのコースの特徴

  • ひとりに1体の練習用マネキン
  • 少人数制 – 受講生のレベル・ニードに合わせた指導
  • 予約対応 – 2名様からご希望の日時でコース開催
  • 心停止の原因を理解し、「考える蘇生」を目指します

AHA心肺蘇生法国際ガイドライン2010に基づいた一次救命処置(BLS)のすべてを学びます。
  • 成人・小児・乳児まで全ての年齢層に対応するBLSトレーニング
  • バッグバルブマスク(通称アンビューバッグ)を標準とした人工呼吸訓練
  • 病院内を想定した二人法CPRで効率よく蘇生を行なうための訓練
  • AHAガイドライン2010準拠
  • 国際的に通用するプロフェッショナルレベルの一次救命技術認定証(英文)を発行

成人・小児・乳児に対する人工呼吸と胸骨圧迫、AED操作に加えて、気道異物による窒息解除法など、一次救命処置(BLS)のコースです。

ひとりで行なう心肺蘇生の他に、ふたり以上の救助者がいた場合のより効果的な心肺蘇生法の訓練や、ポケットマスク(フェイスマスク)による人工呼吸、医療機関で標準的に使われているバッグバルブマスク(アンビューバッグ)による換気法など、医療従事者、救命のプロのための高度な手技も訓練します。

055

コースはDVD教材に沿って進められます。画面上のインストラクターの動きに合わせて「見ながら練習」(practice while watching)を取り入れ、世界で標準化された技術を身につけます。

世界で通用するヘルスケアプロバイダー認定ライセンスカード

ライセンスカード

BLSヘルスケアプロバイダー・ライセンス|本コースを修了し、筆記試験・実技試験に合格するとアメリカ心臓協会(AHA)より、ヘルスケア・プロバイダー Healthcare Provider 認定カードが発行されます。これは心肺蘇生(一次救命処置)に関して、世界でもっとも権威のある医療従事者レベルの技術認定証です。

ヘルスケアプロバイダーカードは、日本国内においても、内科認定医や循環器専門医、麻酔科専門医の認定を取る際には必須とされている公的評価の高い資格です。

テキスト

テキスト

BLS for Healthcare Providers Studet Workbook G2010AHA ECCプログラムでは、受講者1名毎に公式テキストを購入していただくことが受講条件として定められています。BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル AHAガイドライン2010準拠日本語版を各自書店にてご購入ください。

BLSヘルスケアプロバイダーコースの概要
  • コース名
  • AHA BLSヘルスケアプロバイダーコース (ガイドラインG2010準拠)
  • コース内容
  • 成人・小児・乳児の一次救命処置(一人法/二人法)、AEDの使い方、ポケットマスク、バッグバルブマスクの使い方、成人・小児・乳児の窒息への対処法
  • 受講対象
  • 看護職(看護職以外の医療従事者の方はご相談ください。)
  • コースの特徴
  • 主に医療従事者向けの一次救命処置プログラム
  • 受講料
  • ¥16,000-(参考:日本標準価格¥18,000-)
  • 必要なもの
  • テキスト、筆記用具、動きやすい服装
  • コース時間
  • 5時間半
  • 修了証(カード)
  • 筆記試験と実技試験に合格するとAHA公式の修了カード/ヘルスケアプロバイダーカードが発行されます。(カードは後日郵送)
  • 修了証の期限
  • 2年間有効

※このプログラムはAHAのITC(国際トレーニングセンター)である日本医療教授システム学会が提供しています。

▲