+AHA-PEARSプロバイダーコース

PEARS(ペアーズ)プロバイダー

Pediatric Emergency Assessment, Recognition, and Stabilization Provider
小児急変 評価認識安定化プログラム

BLSくまもとのコースの特徴

  • ひとりに1体の練習用マネキン
  • 少人数制 – 受講生のレベル・ニードに合わせた指導
  • 予約対応 – 2名様からご希望の日時でコース開催
  • シミュレーションを通して学びます

アメリカ心臓協会(通称AHA)がBLS/ACLS/PALSに次いでリリースした最新の患者急変対応教育プログラムがPEARS(ペアーズ)です。BLSやACLSとは違った切り口で、心停止の一歩手前の「傷病者評価/アセスメントスキル」をトレーニングするコースです。

医療現場にいる方はよくご存知のとおり、心停止まで悪化してしまうと助かる可能性は高くありません。予備力の少ない子どもは特に。
そのため、小児BLSの中では「心停止の予防」がキーワードとなっています。

しかし、それは小児に限った話ではなく成人も同じです。ACLSプロバイダーマニュアルG2005版にある通り、病院内での成人の心停止で8割程度に8時間前までに何らかのバイタルサインの変化や予兆があったことが報告されています。

ペアーズ・プロバイダーコースは、心停止になる前の兆候(生命危機状態)に気付き、その重篤度を判断して、適切な処置(安定化)をし、専門医に引き継ぐ対応を学ぶプログラムです。

具体的には観察・アセスメントを、第一印象と一次評価として、生命に直結する問題から優先的に観察・対処していく方法を身につけます。

ペアーズ・プロバイダーコースの特徴は、実際の患児の動画を見て、評価の訓練を行うところにあります。意識状態や顔貌、呼吸様式、皮膚色を評価する第一印象による初期評価。次いでバイタルサインを含めたABCDEアプローチでの一次評価を続けていくという訓練を繰り返します。

PEARSコース中、症例で示される映像・動画は小児・乳児ですが、アセスメント手法は成人を含め、すべての患者/傷病者に仕える普遍的なテクニックです。特に問診という手法が使えない小児をベースにトレーニングすることで、より深くフィジカル・アセスメントスキルが鍛えられます。


043

PEARSプロバイダーコースの内容
  • 体系的な評価・アセスメント手順
  • 呼吸不全の認識と分類、安定化(上気道、下気道、肺組織病変、呼吸調整機能)
  • ショックの認識と分類、安定化(循環血液量減少性、血液分布異常性《アナフィラキシー、敗血症》)
  • 呼吸停止への対応
  • 心停止対応(BLS+AED)
  • チーム蘇生の概念

小児に起こりがちな呼吸系トラブル、またショックを中心とした生命危機状態がメインテーマですが、傷病者評価の考え方や手法は小児に限らず看護全般のアセスメントにとても有用です。
「何かおかしい」という直観的な「気づき」を、どう発展させていくかという「ベテラン看護師」が経験的に自然と行っている観察・思考パターンを身に付けます。

ライセンスカード

AHAとAAP(米国小児科学会)ダブルネームのライセンス発行

受講対象

看護職でAHA BLSヘルスケアプロバイダーコース相当の小児のCPR+AED、乳児のCPRができる方。

テキスト

テキスト

PEARS(ペアーズ)プロバイダー受講者テキスト:PEARSプロバイダーコースは、傷病者初期評価を学べる医療基礎教育プログラムとしてとても有用なものですが、現在のところ日本語教材は制作されていません。

AHAプログラムの受講条件として、皆様には英語版テキストを購入していただく必要がありますが、BLSくまもとでの受講に際しましては、日本語補助教材を併用して進めていきます。英語に自信がない方でもストレスなく学習いただけるよう配慮していますのでご安心ください。

英語版テキストは日本国内AHA教材取扱代理店で各自でご入手下さい。なおご希望の方には実費にて輸入代行いたします。

PEARSプロバイダーコースの概要
  • 所要時間
  • 8時間半
  • 受講費
  • ¥25,000-
  • 試験
  • カードを発行するためには、下記の3項目のテストに合格する必要があります。
    • 小児の一人法CPRならびに二人法CPR+AED操作
    • 乳児の一人法ならびに二人法CPR
    • ビデオベースのPEARS筆記試験

※このプログラムはAHAのITC(国際トレーニングセンター)である日本医療教授システム学会が提供しています。

▲